ひでちゃんのFBフィードを購読♪

  • 不動産屋さんの登戸探検隊、ひでちゃんのfacebook投稿を見たい方は、フィード購読ボタンをクリック♪

登戸を中心とした川崎市多摩区のお住まい探しは↓

登戸を中心とした川崎市多摩区の情報ポータルサイト↓

  • かわたま

最近のコメント

登戸周辺のグルメ探検!!(リンク集)

仲間をみっ~けっ!

  • nobuakiさん
    BMW、ディズニーランド情報が豊富 子育て日記他
  • hiddeさん
    日本最大?!BMW5シリーズ(E60、E61)のオーナーコミュニティサイト!
  • 税理士:大石豊司
    社会人になってからずっと公私ともにお世話になってきた税理士の先生です!クライアントからの信頼も大!
  • ken5さん
    BMW 温泉巡り 旨いモノ 興味津々!
  • 甲斐 誠 Kai Makoto
    現役の洗足学園音楽大生、甲斐誠さんのブログです!皆さん、応援して下さいね!
  • taigaさん
    友人のtaigaさんです。練馬区で建設会社を経営されています。
  • 知人masamiさんのお友達
    人からは真面目人間に見えるらしい、ところが・・・ ラーメン情報いっぱ~いのblog
  • morimoriさん
    我が家の愛犬キャバリア”マイロ”君に関する話題を中心に、色々な情報とブログです。 とのことですが興味津々! とにかく写真を撮るのが上手なmorimoriさんのblog。
  • 山中湖【Booz Cafe(ブーズカフェ)】オーナー
    山中湖で隠れ家的カフェ&レストラン【Booz Cafe(ブーズカフェ)】を営むオーナーのブログ。BMWフリーク、ビーマーでもあります!
  • 府中県道さん
    地元人にとっては当たり前すぎて、見過ごしている風景がここにあります。府中県道さんのコメントからは、懐かしい記憶がよみがえります。
  • 大石会計事務所の所員のブログです!
    弊社顧問税理士事務所の全所員によるブログです。 日常の様々な話題を発信する予定。
  • ちびドラマー☆あっこ
    幸運なことにちょっとした知り合いです。 キュートなのにパワフルなドラムを叩く彼女。 これからのご活躍も期待しています。輝いていて素敵です。
  • 《plutrio》のチャンサイさん
    チェロを弾く方・・・チェロリスト× → チェリスト○です。 このトリオの中のお一人、チェリストのチャンサイさんとも幸運なことにちょっとした知り合いです。 ヴァイオリン・チェロ・ギターからなるトリオを結成して活動中で~す!    
  • Lady & Vega
    同業者《有限会社 マイルーム》の社長ホリシンさんのブログです。愛犬の写真は躍動感があり、愛犬の姿からは《生命の輝き》を感じさせてもらえます。
  • 《MC☆田中えりな》
    田中えりなさんのブログです。MCやナレーター、結婚式の司会等でご活躍されています。
  • アカウンティング・サース・ジャパン株式会社
    SaaS技術を駆使したクラウドコンピューティング!会計事務所の基幹システムを変革する・・・。アカウンティング・サース・ジャパン(A-SaaS)
  • グリーンピースのとしちゃん
    環境の大切さを感じ 無添加住宅リフォームを通じて、寺家町ショールームから、地域活動、環境活動を行う「ジケ・デ・ム―ブ」を発信してゆこうと思っています っています!
  • 大谷社長
    当社先代社長の時代から親しく、信頼しておつきあいをさせて頂いているJR南武線・東急田園都市線溝の口駅の《株式会社 三島屋ハウジング》の社長が更新しているブログです!! 自社物件情報だけでなく、世相を熱くぶった切る辛口本音ブログです(笑)
  • 東京都大田区東雪谷《高砂寿司》若旦那
    創業昭和36年、東京都大田区東雪谷にあるTVチャンピオンが握る高砂寿司公式ブログです。 大田区の東雪谷、上池台、仲池上、久が原、中馬込、西馬込、のお客様を中心にした地域に密着したお寿司屋さんを目指しています。
  • リビングスクエア、香苗さんのブログ
    兵庫県西宮市の不動産会社、株式会社リビングスクエア。
  • 夏川ルイちゃん
    FB友の夏川ルイさんのblogです♪ 「美は一日にしてならず」という名言がありますが、毎日を楽しく美しく生きるのがモットーです!という、ルイさんは・・・ やっぱり美しい♪
  • うるる♪さん
    川崎市内の美味しいものや、博多ラーメンを追い求めるブログ♪ 女性ならではの、目線がいいです♪
  • 山本清人&山本絵里香
    三重県出身の兄妹ヴォーカルデュオ♪ 応援してます♪ 1stアルバム《山本兄妹》発売中♪
無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ探検履歴」の1280件の記事

ダイナミック ジャパーーーン♪ 肉のエアーズロックでテンションMAX♪ #肉のエアーズロック #大木屋市ヶ谷店 #もんじゃ焼き #完全予約制

ダイナミック ジャパーーーン♪

たまにはお上品じゃないダイナミックな日本食系グルメを食べてみるか!と仲間に声をかけて訪問したのがこちらのお店。

お店の名前は! 《大木屋 https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13115739/  》


こちらのお店を知ったのは、とにかくダイナミックでテンション上がるお店があるからと友人から紹介されたのがきっかけ。

完全予約制で5人以上から!という基準があったために、なかなか行く機会がなかった・・・

そんなこんなでこの日を迎えた、ダイナミック ジャパーン♪

お店は市ヶ谷駅から徒歩5分程度、近くには、法政大学の市ヶ谷田町キャンパスもあるビルの地下。
店内に入ると、地下店舗ながら、なかなかの賑わい。

もんじゃ焼のお店だが、お目当は・・・

肉のエアーズロックや〜〜〜
とにかく分厚い肉を、ティラノサウルスのようにかぶりつきたい!そんな妄想に駆られて着席。
もちろん、その目的を達するためにコースで予約。

スタッフに簡単な説明を受け、いざ!スタート!!

それにしても、何から何までダイナミックな規格で提供されるのと、鉄板の熱気で、席に座ったままでは写真が撮りにくい 苦笑

もちろん、感動なのは、ダイナミックさだけじゃなく、例えば牡蠣とネギのバターソテーなんぞは、プリップリの大粒の牡蠣から、ジュワッと牡蠣エキスが口の中に溢れてまいうー。


手の拳以上はあるメンチカツは、さらにキャベツ千切り布団がダイナミックに敷かれ、熱でキャベツがしんなりしてきたら、コテを入刀♪ 肉汁がジュワッとキャベツに絡み、仕上げにソースを絡ませて、さぁ!召し上がれ♪


おっと!メインの話が後回しになってしまった。

メインイベント!大御所!!は、肉のエアーズロックや〜〜〜(実際は、肉のエアーズロック → 牡蠣とネギのバターソテー → メンチカツ → もんじゃ という流れです)
先にニンニクを鉄板で焼いておき、スタッフがエアーズロックを運んできて、火入れの儀式 笑 が始まる♪
なんちゅぅ肉塊なんや〜
スタッフが肉塊の周囲に焼き色をつけていく・・・
よっしゃ!ティラノサウルスのようにかぶりつくぜ〜とテンションがレッドゾーンに入った時・・・
スタッフが食べやすいように肉をスライスしていく・・・
そりゃ、そうだよね。 みんなの肉塊だし 笑笑
各自、切り分けられた肉片を各々の好みの火入れで口に放り込む。
お肉は決して上級の肉質ではないけど、こうやって食べるとやっぱり美味いんだよね。

もんじゃ焼き屋さんなのに、〆のもんじゃ焼が来る前に満腹中枢が疼き出してる・・・汗


そして登場したもんじゃを見た瞬間! 息が止まった・・・あっ!息飲んだ! 苦笑

視覚で満腹中枢 ジ・エンド 笑笑
こりゃすごいわ!

スタッフに焼いてもらったが、土手は作らず大海原 笑

いわゆる小さなヘラでチビチビやるスタイルではなく、各自がヘラでダイナミックに皿に取り分け、ダイナミックに食すもんじゃ。なんとか完食♪

お腹いっぱい、胸いっぱい!

良い経験をしました。
ごちそうさまでした。美味しかったです♪

Img_6535


Img_6539


Img_6534


Img_6533


Img_6536


Img_6537_2


Img_6538


Img_6531


Img_6532


Img_6540

大木屋もんじゃ焼き / 市ケ谷駅牛込神楽坂駅神楽坂駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.6

小田原は早川漁港で鯵フライを食す♪ #小田原グルメ #早川漁港 #早川漁港で鯵フライ #かご平

久しぶりに登戸探検隊は、小田原は早川漁港へ出動!

相模湾の鯵が目当て。

早川漁港で鯵フライといえば大原さんがTV何度も紹介されて有名になってます。
この日も大原さんは大行列でした 。

が、今回は早川漁港で初訪問のお店をターゲットにしていたので、その行列を尻目に、すぐ横のお店にスイスイと入店♪

お店の名前は!!
《かご平
https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14023229/ 》

大原さんが目立ち過ぎる真横で地味に営業してる海鮮定食屋さんですが、僕の知る限り評判はすこぶる良好!

外の喧騒とは違い、店内は女性客が一人だけ。
あまりに極端すぎるので、一瞬焦りましたが、そのままカウンター席に着席。

壁にかかったメニューを眺め、刺身二点盛りと鯵フライ定食を、ご飯少なめで注文♪
その代わりに、鮪のブツ を追加オーダー。

しばらくすると、常連さんやら、大原さんを諦めた方々が殺到し、狭い店内はあっという間に満席になったのでした。

こちらのお店は寡黙ながら実直に仕事されてるご主人と奥様のご夫婦で営まれています。
ご夫婦ともに優しい感じが漂い、奥様も物腰柔らかい方です。
しばらくして登場したのが写真の定食です♪

鯵フライは、大原さんのものに比べるとやや小ぶりです。
こちらの鯵フライも、脂がのってホクホクの柔らかい鯵フライでした♪
実に味わい深い♪

鮪のブツ含め、この価格で提供して頂けるのは実にありがたい♪

こういう穏やかであたたかく、血の通った食事処が、これからも末永く営業して頂けると非常に嬉しいですね♪

ごちそうさまでした♪ 美味しかったです。

Img_6451


Img_6450


Img_6449


Img_6453


Img_6452


Img_6448


Img_6447


Img_6446

かご平定食・食堂 / 早川駅箱根板橋駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.5

木更津グルメ♪ あえて観光客の少ないスポットで優良店を探す! それは住宅街に忽然と現る♪ #木更津グルメ #食事処かなめ #美味しい海鮮料理

木更津紀行♪ 登戸探検隊出動!!

アクアラインが割引になってる今、川崎市からでも木更津は近くて気軽に行けるエリアとなった。

バブル期には何度かカーフェリーに揺られて行った情緒漂う思い出もあるが、海底トンネルを真っ直ぐに抜けて行くこの感覚も捨てがたい。

今回、地の利が悪く、観光スポットから離れている優良店を探索すべく、こちらのお店をターゲットに。

お店の名前は! 《食事処かなめ https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12015152/ 》

住宅街の中に忽然と姿をあらわすお店だ。

ランチのラストオーダーギリギリの13:30前に滑り込む。

メニューを眺め、バラちらしをご飯少なめでオーダー。

オススメの一品料理を聞くと、ランチタイムは一品料理は提供していないということだったが、牡蠣フライは単品で提供できるとのことだったので追加で注文。

もちろんハンドルキーパーな僕はノンアルコールビヤー♪
ジョッキで提供して頂けるので、雰囲気は出ますな。

しばらく待っていると、バラちらし 着丼!!

コンパクトな丼に、小綺麗に海鮮の華が咲いてますw
わずか1,050円で、これは立派なバラちらしでございますw
最近、余計な塩分を摂らないように心掛けてる僕は、下味がついた華麗なバラちらしには、あえて醤油は使わず、素材そのものの美味しさを山葵のアクセントで食しました。
いくらの軽い塩気と旨味も良いアクセントになっておりました♪
酢飯も僕には、酸味と甘みがちょうど良い塩梅♪

半分程食べ進めたところで、牡蠣フライ単品が到着。

衣は少し固めでしたが、この衣が牡蠣の旨味も逃さず、しっかりと中に閉じ込める鎧の役割を果たしておりましたっ♪

この価格で、ここまで美味しい食事を楽しめれば充分でしょう。

会計を済ませ、女将さんに出口まで送って頂き「お気をつけてお帰りください」と声をかけられた瞬間、段を踏み外しそうになり赤面太郎。
ごちそうさまでした。美味しかったです。



Img_6320


Img_6321


Img_6326


Img_6322


Img_6324


Img_6323


Img_6325


Img_6329


Img_6331


Img_6327


Img_6328


Img_6330


Img_6332


Img_6333

お食事処かなめ割烹・小料理 / 祇園駅木更津駅上総清川駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.7

中目黒にあってオリジナリティを感じさせ、良い食材が味わえる。 #中目黒グルメ #歩路庵 #ぽじあん  

ナカメに、ちょっと面白いお店があるみたいだよと言われ、彼を幹事に3ヶ月に1回グルメを楽しむ四季の会(メンバー4人 同業者)で¥8,000のお任せコースを予約して訪問。

お店の名前は!! 《歩路庵(ぽじあん)中目黒
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13112948/ 》

それにしても、中目黒のコインパーキングって、表通りと裏通りで、恐ろしいほど駐車料金が違いますなぁw

お店に入るとL字型の広いカウンター席が目に入りましたが、4人なのでテーブル席がリザーブされてました。

席に着き、まずは生ビール(僕はハンドルキーパーなのでノンアルコールビヤー♪)からスタート。

店内の雰囲気はというと・・・
なんか居心地が良いのか悪いのか・・・
いきなりの無機質感を感じてしまった。

さて、おまかせコースということで、お店のナスがママ、キュウリがパパ。

期待に胸が膨らむ。

先付?からスタートとし、いきなりのマイウー♪

これは期待が高まる・・・

すると、次から、刺身系が一品一品・・・食べ終わると次、食べ終わると次・・・


次から次へと運ばれてくる。


どれもこれも食材は最高。


美味しい。


どうやら席に置いてあるお品書きに書いてある刺身が一品一品少しずつ提供されるらしい。


これは新しい。


あまりの斬新さに、一同が目を見張る。


仲間は焼酎や日本酒にドリンクチェンジしていたが、僕は徹底的にノンアルコールビヤー♪


一品一品、食材をよく味わって食べてみて!というお店のプレゼンだろうか。


どれもこれも美味しい。


ただ・・・あまりに刺身の種類が多いので、途中でこの味わい方に飽きてきてしまったというのが本音かな。

相変わらず店内の雰囲気も無機質感漂う。

和洋ミックスな味わいの生牡蠣も美味しい。


そして松葉ガニ登場。

ミソも美味いね〜
これは日本酒には最高ですな。
と思いながら仲間を見つめるノンアルコールビーラーな僕。

そうやって、ちびちびやってるところに、鯛の炙り握りがデン!と登場!!

これは美味い!!
焼き物としても楽しめるし一石二鳥な優れもの。

さらに茶蕎麦のペペロンチーノが小盛りで登場。

これがまた美味いのなんのって♪

でも・・・相変わらずの店内の無機質感。

ホールスタッフに笑顔はないし表情は硬いし・・・
言葉に表せない無機質感は、このお店のカラーなのか、そうでないのか・・・

食材はどれもこれも、良いもの使ってるし、確かに美味しい。

でも、残念ながら、お店の良さが少しも伝わってこない。

良い素材のオンパレード・・・ でも、食材の生産者や産地の顔が全く見えてこないというか、心が伝わってこない・・・

飲食店の数も多く競争が激しいエリアにあって、独自色は感じるんだけど、お店にいる間ずっと感じてた無機質感は、お店の記憶がとどまらないレベルのもの。

良い食材を使っているという自負の割に、提供の仕方が少々雑で無機質・・・
これが非常に残念。
美味しいからこそ、なんだけどね。

それと照明の色温度が・・・せっかくの食材を美味しそうに照らさないのも残念かな 苦笑
 
ごちそうさまでした。


000da82c5ce2492eb846a182779997c2


Img_6343


0330de9fc1554cf58e11f1332b51bda7


Img_6338


Img_6339


Img_6344


Img_6350


Img_6357


Img_6358


Img_6359


Img_6360


Img_6362


Img_6361

歩路庵 中目黒魚介・海鮮料理 / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.2

駿河湾の鯵をお得に味わう♪ #沼津港グルメ #美味しい鯵フライ #鯵の刺身 #ずう #鮮魚食堂ずう

グルメな漁港♪ 沼津港に登戸探検隊出動!!

現地で複数の市場関係者から、アジフライがオススメのお店があるよ〜♪ と言われ、気になって突撃♪

沼津港周辺はグルメ街となっており、そこら中に海鮮丼の華が咲いておりますが、一通り攻め尽くした感があり、海鮮系定食が美味しい店をリサーチしていたのでした。

お店の名前は!! 《鮮魚食堂 ずう
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22009849/ 》

間口の狭い地味な古家に目立つ白い看板には、鮮魚食堂の文字。暖簾に ずぅ の白抜き文字が浮かぶ。
良いじゃん 良いじゃん♪ テンション上がるじゃん♪

暖簾をくぐると狭い店内に、カウンター席1名、テーブル席に2組の先客あり。
時間はまだ11:00過ぎ。
店内に入っても、元気ないらっしゃいませ〜という声もかからない。
ご夫婦が厨房にいらっしゃいましたが、あくまでも寡黙。
が、決してその寡黙さに嫌な感じは受けない。

カウンター席の奥に勝手に座り、壁にかかったメニューを見る。
さてと・・・駿河湾の鯵を食す!!
「アジフライ定食 ご飯少なめでお願いします!」
ここで始めて店主が口を開く。
「アジフライ定食で良いですか? アジのフライとアジの刺身定食もありますが?」
「へっ?」一瞬怯み迷っていると・・・
「両方食べられますよ、アジフライだけで良いなら別に良いですが」
少々ぶっきらぼうな言い方に感じながらも、決して嫌な感じはせず、実直に両方味わえますよとプレゼンしてくれたのだろうと思い「では、そっちでお願いします!!」
確かに、両方楽しめて1,100円は安いもんな・・・

しばらく待っていると、次から次へとお客様が入ってくるじゃないですかっ!!
僕の定食が運ばれて来た時には、満席となってました。

それにしても!!
トレーに載せられて登場した定食見てびっくり♪
これで1,100円ですかっ!!!
これは凄い・・・

鯵の刺身を味わい、鯵のフライを味わい・・・
まさにこれは!あじわいづくしや〜〜〜

新鮮な鯵刺しの旨味♪ 上品な味わい♪

鯵フライは、粗挽きのパン粉を軽くまぶし、鯵の脂や食感を残しながら、パン粉のサクサク食感も楽しませてくれる。
わざわざ沼津港まで来たんだから、海鮮丼の華の中に身を埋めたいのは当然ですが、こういう素朴で地味な海鮮定食を、昭和感に包まれながら味わうのも、心と味覚のケアに良いかもしれない。

寡黙なご夫婦が一生懸命に美味しいものを実直に提供してくれるお店♪

ごちそうさまでしたっ♪
美味しかったです♪

Img_6441


Img_6445


Img_6444


Img_6440


Img_6443


Img_6442


Img_6439


Img_6438

ずう魚介・海鮮料理 / 沼津駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.5

銀座7丁目に出現♪ これは奇跡! 驚異のコスパ!美味しい幸せ降臨♪ #羽田市場 #羽田市場GINZASEVEN #驚異の寿司割烹 #美味しい寿司割烹 #ギンザセブン

涙が出るほど嬉しい・・・

僕が心から愛してやまない和食・寿司職人 柳親方が!ついに満を持して銀座7丁目に降臨♪

感動!寿司割烹にカンバック♪

2018年11月末。銀座7丁目に、突如として出現した半地下の店舗は、かの産直流通革命でセンセーショナルを引き起こした羽田市場直営の寿司割烹なのだ!

お店の名前は!! 《(羽田市場)GINZA SEVEN
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13228726/ 》

アルファベットやカタカナ表記では、なんのお店だかちんぷんかんぷんだったが・・・
こうしてレビューを書いてて、あっ!!
なるほど! 銀座7丁目!というネーミングなんだったのか 苦笑

お店は半地下だし・・・

でも、皆さん! 大丈夫ですよ〜
コスパの高さが充分すぎるくらいに満足を得られる寿司割烹ですから〜

そこで親方をつとめるのが、柳親方であり、過去に渡り歩いたお店でも、TVや雑誌で取り上げられ、知る人ぞ知る有名人なのである。

築地エリアの寿司店を有名店に押し上げ、銀座の高級寿司店に移りそこを退職後は、まさにこの日のために暖気運転をしていた感あり。

柳親方には、その和食の技術や美味しい寿司に、たくさんの追っかけファンもいるので、おそらく今後は予約が取りにくいお店になっていくのでしょう。

さて、お店は前述の通り半地下にあり、大通りから建物正面の7段程度の階段を見下ろしても、ギリギリ店内が見えない環境 笑笑
これじゃ、追っかけファンは別として、通りすがりの方々は入りにくいやw

実際、階段を降りて行くと、ズドーンと奥に伸びるL字カウンターが右手にあり、左手はテーブル席、突き当たり奥は個室の座敷となっている。

こちらのお店は、お任せ握りコース(約15貫程度)、親方おまかせコース(魚肴10品と握り10貫程度から構成)等がメニューとなる。

もちろん!様々なアラカルトメニューも揃い踏み。

驚くべきは!親方おまかせコースが飲み放題付となり、なんと!言葉は悪いが1万円ポッキリ!!と超お得な内容になっている。

初めての方は、店内の様子がわからないゆえに、非常に入りづらいお店ではあるが、店内に入れば、そこには美味しさと満足感溢れる天国が広がってる。
まさに大通りからの7段階段は、下に向かう階段でありながら天国への階段なのだ。

柳親方が目指すものがここにあり、それを歓迎する親方追っかけファンがいて、さらにこれからは、彼のファンは急速に増えて行くだろう。

スタッフは、女将さん以下全て女性の布陣。


銀座という住所のはずれとはいえ、こんなスタイルのお得な寿司割烹がオープンしたこと自体が奇跡。


料理に関しては、まず、写真を見て視覚で味わって欲しい。

そして・・・実際にお店で味わって欲しい。
驚愕のコスパに、きっと虜になるはず。
杞憂するのは・・・ 数ヶ月もすれば予約が取りにくくなっているのではということ。
自分が大好きなお店に、行きたい時に行けないことほど辛いものはない。
人には教えたくないが、お店が繁盛してくれなければ、お店の継続もないわけで・・・
複雑な思いを抱えながらのレビューです!

ごちそうさまでした。美味しかったです。

人生に再び美味しい幸せの一つが戻ってきました。


Eb9a0f4a172343968df2f976e2a01025


006a7e7659024021a5fdd6a783670b18


Img_6116


Img_6106


Img_6107


Img_6108


Img_6109


Img_6110


Img_6111


Img_6112


Img_6113


Img_6114


Img_6115


Img_6118


Img_6119


Img_6120


Img_6121


Img_6122


Img_6123


Img_6124


Img_6125


Img_6454


Img_6455


Img_6066


Img_6036


Img_6037


Img_6038


Img_6039


Img_6040


Fb69f084727a4399a3bc7774402fbe40


Img_6035


Img_6033


Img_6032

羽田市場 ギンザセブン魚介・海鮮料理 / 東銀座駅築地市場駅銀座駅)  
夜総合点★★★★ 4.5

沼津港飲食店エリアでは地味で小さなお店だけど、美味しい鯛めし専門店! #鯛めし #沼津港 #眞鯛沼津港 #沼津港グルメ #沼津港の鯛めし専門店

沼津港グルメ探検も、人気どころを概ね制覇し、さぁ!どうしよー!! ということで、老舗ではなく新店で美味いお店を発掘すべくターゲットに据えたのがここ!

お店の名前は!! 《眞鯛 沼津港 https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22033874/ 》

沼津港に限らず、漁港エリアで食事処を探そうとすれば、頭の中に浮かぶイメージは、安くて美味しくて活きがよくヴォリュームある海鮮丼ですよね。

沼津港には、そんな海鮮料理を提供してくれるお店がひしめきあってます。

そんな中にあっては、鯛めし という分野は、ある意味地味な存在なのかもしれません。 が、鯛めしを食べようとしても、僕の地元エリアでは、そう簡単にお店を見つけることはできません。

ということで、今回は豪華な海鮮丼を目指さずに、美味しい 鯛めし を味わうべく、こちらのお店に潜入!!

沼津港エリアの飲食店街にオープンして今日現在で約3ヶ月の《眞鯛 沼津港》

鯛めし専門店である。

メニューの中心は、3種の鯛めし。

眞鯛丼、眞鯛炙り丼、鯛唐南蛮丼。

全ての丼のご飯は鯛めしだ。

正直、迷いに迷って悩みに悩んで結論が出ず。 笑笑

店長にオススメは!と問うと、どれもオススメですが個人的には鯛唐を好んでるとのことだったので、店長に責任を取ってもらおう!ということで鯛唐南蛮丼をリクエスト。ご飯の量は通常が220g程度だそうだが、大盛り(無料)がオススメということなので従った。

まずは、特製のガリが提供されたのだが・・・。

このガリが・・・

ピリ辛さっぱりで非常に美味しい。

その名もラーガリ。 ちなみにテイクアウト用でも販売している。

ガリにラー油がまぶしてあるのだが、これが結構イケてるw

しばらく待っていると、メインが着丼!

大きな丼の上に、上品な香りの良い鯛めしが盛られ、その上に、南蛮だれのかかった鯛の唐揚げがのり、さらには生卵の黄身が鎮座している。
視覚的にも食欲が掻き立てられる。

では実食。
まずは鯛めしから箸を伸ばす。
おーーー 美味い・・・
鯛由来の上品な出汁と甘み。

欲をいえば、ご飯が柔らかすぎたので、もう少し、米の粒感を感じさせる程度にやや硬めに炊き込んでいれば、言うことなし!だったのが実に惜しい。
気になったのはそこだけ。

そして香ばしい鯛の唐揚げを口に放り込む。
これまた鯛に火が入ったことにより旨味が増す。

そして黄身をほぐして、鯛めしと絡めて口に放り込む。
美味しさがぐわっとくる♪

今回、こちらのお店を選んだのは正解だった。

黙々と味わっていると、サービスの眞鯛の潮汁が提供された。
これが塩分の効きが弱めで、出汁の味わいをストレートに感じさせてくれる上品な仕上がり。
嬉しくなりますな。

さて、鯛めしを1/3ほど残して、出汁をリクエスト。
たっぷり注がれた出汁で、鯛茶漬けでFinished!!
なるほど・・・
こちらの丼を味わい尽くすには、すすめられた通り確かに大盛りがちょうど良い。

海鮮丼の華が咲きまくってる飲食店街にあっては、地味な鯛めし専門店だけど、その味わい自体に華がある。

寿司や海鮮丼以外のグルメを食したいと思ったら、こちらのお店はオススメ!

ごちそうさまでした。美味しかったです。


Img_5412


Img_5413


Img_5414


Img_5415


Img_5411


Img_5410


Img_5416


Img_5417


Img_5409


Img_5408


Img_5407


Img_5406


533730f668f84429bdfe1b3387d85c0e

眞鯛 沼津港海鮮丼 / 沼津駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.5

添加物を使用しない塩由来の干物はあっさりして美味しい♪ #無添加 #干物 #無添加の干物 #沼津の干物 #和助

伊豆・沼津港エリアに来た際は、お客様への手土産に干物を購入することが多い。

干物は沼津港で気に入ってるお店があるのだが、定休日?だったようで、どうしようかなぁと思いつつも、特に他に欲しいものもなく、港を離れたのだが、以前から通り過ぎるたびに、駐車場が満車で気になってるお店があったので、今回はそちらに寄ってみた。

お店の名前は!《ひもの和助 https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000087/ 》

沼津港からわずかに離れた道路脇にある小洒落た建物が目につく干物屋さん。

こちらでは、お店のショーケースに並べられた干物を定食にして、お洒落な空間でのんびりとイートインできるのも魅力。

初めての今回は、お客様への手土産で干物を購入。

ショーケースの見本から、サバ(スパイス)、サバみりん、さんまみりんを3セット購入。自家用にサバみりんを1セット購入。

大きな保冷剤を入れて、非常に丁寧に包んでくれる。

なんでも添加剤を使用せず、塩のみを使っている干物らしい。

帰宅後、早速、サバみりんを焼いて食してみた。
なるほど・・・
非常に優しい味だ。
塩分控えめのライフスタイルに変えて3ヶ月程度経つ僕には、醤油など不要で、充分に素材の味を楽しめたが、濃い味が好きな方には、あっさりし過ぎてると感じるかもしれない。
塩分の取りすぎは、どこかで意識しないと簡単には減らすことができないので、無添加のこういう食材を食す時こそ、自然由来の味を楽しむチャンスでもあると思う。
白飯と組み合わせれば、それがよりいっそう確かに感じられる。

あっさりした干物を求めてる方には、和助の干物はオススメです。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

昼総合点★★★☆☆ 3.5

三島駅(静岡県三島市)エリアで、深夜まで営業している中華酒場♪ #三島グルメ #香香飯店 #三島駅周辺深夜営業飲食店

安いから繁盛してるのか、夜遅くまでやってるので繁盛してるのか、美味しくて繁盛してるのか。

とにかく、夜にお店の前を通ると繁盛してるイメージのこちらのお店。

お店の名前は! 《香香飯店(シャンシャンハンテン)
https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22021067/  》

静岡県三島市。 三島駅南口から駅を背後に一直線。


キャバクラや酔客が多い道路を進むと、間口が透明ビニールシートのお店がある。

台湾料理の店なのか、中華料理の店なのか・・・

繁盛してる店内に入ってみた。


この日の夜、3件目のお店となった。


麻婆豆腐が食べたくての訪問。


単品で、ネギチャーシュー、麻婆豆腐を注文し、ドリンクは烏龍茶2杯。


ちなみにこの日は、3件軒はしごだったが、完全なノンアルコール状態なので、意識も明晰。
という状況で味わってみた。

まず提供されたのは、つまみのネギチャーシュー。

色を見た瞬間一目瞭然。
激しく辣油が入っていた。
口に入れれば、美味しいんだけどかなりピリ辛系。

これじゃ辛さがメモリーされた舌によって、味覚が次の料理に引き継がれ、味が混ざり雑味に変わるだろう。


この辛さは、ドリンクのリピートを誘発させる味でもある。


そんな状態で麻婆豆腐がやってきた。


見た目はさほど辛そうではないが、山椒の香りが鼻の粘膜を刺激する。

値段の割に量が多くてびっくり。
レンゲで掬い、口の中へ。
辣油の辛さがメモリーされた舌に、今度は山椒の刺激が突き刺さり、口の中が痺れる。

今回は単品注文だが、白飯とのマッチングを考えると・・・ちょっと方向性が違う感じ。

辛いものが好きなので、この程度の痺れでは動じないが・・・
痺れしか感じない・・・
決して美味しくないってわけじゃないんだけど・・・

烏龍茶については・・・ 薄い、味が薄すぎる・・・

もし酔っ払っていたとしてもわかるほど薄い色。
これじゃ味も薄いに決まってる。

今回は辛い系料理だったが、おそらく辛味を使っていない料理は濃い味なんじゃなかろうか。

ドリンクのリピートを誘うための味付かな。

食べ終えて、ホテルに戻っても口の中に不思議な雑味が残ったままだった。


そして会計の時に唖然。

注文数上記の通り、メニューの価格が税抜表示であることも、注文伝票が客ごとに分けられてなかったのもしっかりチェックしていたのだが・・・
面倒なので、あえて異議を伝えず店を出た。

ごちそうさまでした。

Img_5511


Img_5513


Img_5512


Img_5514


Img_5515


Img_5516


Img_5510

香香飯店中華料理 / 新静岡駅静岡駅日吉町駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.0

沼津港魚市場練の中にある魚問屋直営の回転寿司♪ #沼津港グルメ #沼津港の回転寿司 #魚問屋直営の回転すし店 #すし廻鮮うお亭

久しぶりに、グルメ回転寿司でランチタイム♪

100円寿司は寿司と思わないが?グルメ回転寿司なら、寿司として充分に許せる。
東京や神奈川でも、今や醤油と炭水化物を楽しむ複数の100円回転寿司チェーンの出店で、その上に位置するグルメ回転寿司店が随分と追いやられてる感あり。 それが残念でならないが・・・

そんな回転寿司の上位に位置してるグルメ回転寿司が、まさか沼津港の魚市場棟に入っているとは・・・
何度も訪問しながら気付かず・・・汗

お店の名前は!! 《すし廻鮮 うお亭 https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22003832/

こちらの回転寿司は、魚問屋直営店舗ゆえに、期待が超高まる。


清潔な魚市場棟をずっと奥まで歩いて行くと・・・

だいじょうぶですよ〜 お店はありますからw

暖簾をくぐり、寿司が流れていないカウンター席に着席。

そもそも、流れてる寿司に手を伸ばす客が激減し、そこら中から注文の声が飛ぶようになった今の回転寿司において、寿司を流したところで喜ぶのは小さな子供だけ。
意味のないこと、ロスの出ることは大げさにしない方が良い。

さて、最初に注文したのは、甲いか。

甲いかの身が弾ける食感と滲み出る甘さが大好き。
美味しかったので2皿食べてしまった。

それと真鰯。

ううむ。 すでに美味しい時期は終わった感あり。
ここでイカゲソ唐揚げを注文。
ゲソは小ぶりだったが、衣が美味い♪
これで鶏から作ったら美味しいだろうなぁ。

ここで鮪づくし を注文。

中とろ、中とろ炙り、すき身の3点セットだ。
中とろよりむしろ、すき身の方が美味しかったかな。
中とろ系はあっさりでした。

そして、つぶ貝。

これは回転寿司レベルで感動なし。

そして鉄火巻を山葵強めで注文。

こちらのお店は、鮪は赤身が美味しいと思う。

それにしても、お店が空いていたせいか、板さんに、元気がないのが非常に残念。

やっぱり海鮮処は、スタッフの元気さがないと、料理も生き生きしてるように感じない。
そういう雰囲気作りって非常に大切なことだと思う。

ごちそうさまでした。美味しかったです。


Img_5501


Img_5499


Img_5505


Img_5503


Img_5498


Img_5504


Img_5500


Img_5497


Img_5496


Img_5495


Img_5494


Img_5493


Img_5492


Img_5491

すし廻鮮 うお亭回転寿司 / 沼津駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.4

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リクルート住宅情報サイト《SUUMO(スーモ)》

お住まい探しは《アットホーム》

音楽探検!!!

書籍探検!!!

秋葉不動産のファンになる

twitter