ひでちゃんのFBフィードを購読♪

  • 不動産屋さんの登戸探検隊、ひでちゃんのfacebook投稿を見たい方は、フィード購読ボタンをクリック♪

登戸を中心とした川崎市多摩区のお住まい探しは↓

登戸を中心とした川崎市多摩区の情報ポータルサイト↓

  • かわたま

最近の記事

最近のコメント

登戸周辺のグルメ探検!!(リンク集)

仲間をみっ~けっ!

  • nobuakiさん
    BMW、ディズニーランド情報が豊富 子育て日記他
  • hiddeさん
    日本最大?!BMW5シリーズ(E60、E61)のオーナーコミュニティサイト!
  • 税理士:大石豊司
    社会人になってからずっと公私ともにお世話になってきた税理士の先生です!クライアントからの信頼も大!
  • ken5さん
    BMW 温泉巡り 旨いモノ 興味津々!
  • 甲斐 誠 Kai Makoto
    現役の洗足学園音楽大生、甲斐誠さんのブログです!皆さん、応援して下さいね!
  • taigaさん
    友人のtaigaさんです。練馬区で建設会社を経営されています。
  • 知人masamiさんのお友達
    人からは真面目人間に見えるらしい、ところが・・・ ラーメン情報いっぱ~いのblog
  • morimoriさん
    我が家の愛犬キャバリア”マイロ”君に関する話題を中心に、色々な情報とブログです。 とのことですが興味津々! とにかく写真を撮るのが上手なmorimoriさんのblog。
  • 山中湖【Booz Cafe(ブーズカフェ)】オーナー
    山中湖で隠れ家的カフェ&レストラン【Booz Cafe(ブーズカフェ)】を営むオーナーのブログ。BMWフリーク、ビーマーでもあります!
  • 府中県道さん
    地元人にとっては当たり前すぎて、見過ごしている風景がここにあります。府中県道さんのコメントからは、懐かしい記憶がよみがえります。
無料ブログはココログ

カテゴリー「絶滅・絶滅危惧種探検履歴」の6件の記事

水深7,700mの海底に潜む魚・・・

時事通信(http://www.jiji.co.jp/)によると、日本海溝の水深7,703mの水深で撮影された《シンカイクサウオ(カサゴの1種)》だそうです。

これだけの水深でこんなに鮮明な画像を撮影することができること自体がサプライズなのに・・・

これだけの水深で生活している魚もサプライズですね。7,703気圧がかかっているんでしょう?あっ僕の時計は100気圧までの防水です

気圧に負けない身体の構造・・・ すごいですね

写真は東京大学海洋研究所(http://www.ori.u-tokyo.ac.jp/)提供だそうです。

Sinnkaigyo

赤く光る魚をサンゴ礁で発見

時事通信社によると

サンゴ礁に生息するヘビギンポ類の一種。赤く光る(下)ことを独、豪などの大学研究チームが発見、英BMCエコロジー誌で発表した。青や緑に光る魚は多いが、赤い光は海水に吸収されるため、赤は珍しい(同誌提供)

地球上には、まだまだ未知の生物が・・・ だから宇宙に生命体がいてもおかしくないよね

2008091600000027jijpsociview000

体重1トンのネズミ・・・ ウルグアイで公開

体重1トンの巨大《げっ歯類(すなわちネズミ)》の化石・・・

400年前の化石だ・・・ 鼻先から尾の先まで約2.5m、高さ1.2mだそうな → ちゅらさん、すみません・・・400万年前の間違えでした・・・

その名も《Josephoartigasia monesi》

人間が喰われてしまう大きさのネズミ・・・ こんなのがいたんですね・・・Uruguai

パンダの連続射殺・・・ 中国

中国の四川省で、ここ数年、パンダが射殺される事件が起きているようだ・・・

人間ってどうしてこうなんだろう・・・

ついに国家林業局が動き、四川省及び重慶市森林公安機関に徹底捜査の指示を出したそうだ・・・

一部メディアは、地元の村人の違法狩猟と報じているようだが詳細は不明・・・Cfp3877939122_s_2 Cfp3877939152_s_2 Cfp3877939222_s_2 Cfp3877939142_s_2 Cfp3877939172_s_2 Cfp3877939201_s_2 

絶滅種【ジャイアントモア】

★ 【ジャイアントモア】    鳥類・モア目・オオモア科

 生息地域 : ニュージーランド

 体   長 : 頭までの高さは約3.5m(史上最大の鳥)

 絶   滅 : 1770年頃絶滅したと思われる

 絶滅理由 : 温暖化により、乾燥・荒野化が進み、その環境に適応しなくなっていったため。さらに一度に1つの卵しか産めなかった(繁殖力が弱い)、これは鶏の1/60の繁殖力でしかない。さらには、無人島だったニュージーランドにマオリ族が移住し、人間を恐れなかったジャイアントモアは食用として絶好の餌食となった。また、その羽は飾りとして珍重された。これらの要因が複合的に重なり絶滅の道を歩んだ。

 備   考 : 絶滅したのは、1770年頃すなわち今から約240年前の話だ。その頃、日本は江戸時代中期から後期(あの側用人、田沼意次を重用したことで知られる10代将軍 徳川家治)の時代である。もし、ジャイアントモアが日本にも生息していたとしたら・・・ちょんまげ結ったお侍さんや、着物を着た町娘に混じりジャイアントモアが歩いていることを想像すると面白い。天敵が少なく長い間無人島であったニュージーランドだからこそ、近年まで生き延びてきたのだろう・・・絶滅したのが惜しまれる

Moa    

絶滅種である【ニホンオオカミ】

★ 【ニホンオオカミ】    哺乳類・食肉目(ネコ目)・イヌ科

 生息地域 : 日本(本州・四国・九州)

 体   長 : 1m前後の小型オオカミ

 絶   滅 : 1905年1月に奈良県東吉野村で捕獲されたのが最後とされるが、近年になり1910年の福井県で捕殺されたオオカミが松平試農場の日記の記録などから、ニホンオオカミと断定されている ← 絶滅

 絶滅理由 : 狂犬病にかかったニホンオオカミの個体数を減らすため、人間が、えさとなる鹿を乱獲。さらに人間が森林の開拓を進めたことにより住処と餌を奪われ、さらにニホンオオカミは餌を求め家畜を襲うようになり、害獣として人間に殺されたことに因る。

 備   考 : 人が縄張りに侵入すると縄張りの外に出るまで後を付けてきた→「送り狼」という言葉の由来とされるNihonookami   

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リクルート住宅情報サイト《SUUMO(スーモ)》

お住まい探しは《アットホーム》

音楽探検!!!

書籍探検!!!

秋葉不動産のファンになる

twitter